再生医療でスポーツ外傷治療をおこなう所

捻挫や打撲などは、スポーツをおこなっているとどなたでも一度は経験するものです。

これらは短期間で自然回復するのでさほど心配は要らず、医療機関に通う必要もないものです。

しかし、アキレス腱炎や膝半月板の損傷・足底腱膜炎といった大怪我の場合は、必ず医療機関を受診して適切な治療をおこなわないといけません。

これらはスポーツ外傷と呼ばれるものであり、中には外科的な手術をして一定期間安静にしておく必要もあります。

特に関節や半月板の損傷だと人工関節に置き換える置換手術となる場合もあり、スポーツを以前のようにプレイできない可能性さえあります。

スポーツ外傷の治療は受診する医療機関が持つ医療技術によって結果が左右されるとも言われており、出来る限り高品質な医療を提供している所に通うことが望ましいでしょう。

大阪にある「そばじまクリニック」は、スポーツ外傷に対応しているスポーツ外来を備えている医療機関です。

ここでは再生医療による治療がなさえている大阪でも数少ないクリニックで、半月板の損傷からアキレス腱炎などもPRP療法を用いて完治へと導かれています。

このPRP療法とはアメリカで誕生した再生医療技術であり、2017年に厚生労働省の認可が下りた先進医療のひとつです。

患者自身の血液から採取した血小板を損傷した部位に注入することで、自己修復力を高めることができます。

これにより外科的な手術を必要とせず、損傷個所を元通りに回復させられます。

再生医療を外科分野で応用しているのが「そばじまクリニック」であり、アスリートにとっては頼れる存在といえるでしょう。