爪白癬に効果的な薬を使った治療方法

水虫の原因になるのが白癬菌という菌で、ケラチンというタンパク質を好む性質があります。

足だけではなく手や爪などにも繁殖して水虫になることがあり、放っておくと痛みなどを発生させます。

基本的に爪の表面は硬いため白癬菌が入り込むことはありませんが、長時間ブーツを履いていたり、濡れた足をそのままにしておくと汗などの汚れが溜まって菌が増殖して爪に入り込んで爪白癬という状態になってしまいます

初期の段階は白っぽくなるだけで自覚症状がなく放置しがちな状態です。

放っておくと、爪水虫という状態になってしまい爪が分厚くなったり、爪が脆くなってポロポロ剥がれ落ちる、家族に感染してしまうなどの問題が出てきます。

そんな爪白癬を改善するためには、薬での治療が一般的です。

しかし、皮膚科などにいく暇がないという人もいますが、市販薬でも治療することは可能となっています。

信頼できるものを選ぶことが重要ですが、中でもおすすめなのが大源製薬が販売しているエフゲンになります。

エフゲンは昔から使われているウンデシレン酸とサリチル酸などが主な成分となっています。

ウンデシレン酸は天然由来の抗菌成分になります。

特に白癬菌に効果的だとして昔から使われています。

サリチル酸は肌を柔らかくする効果があります。

角質層まで抗菌成分を届けやすくする効果があって、角質層の奥にいる白癬菌にまで届けられます。

液体タイプですので爪などの硬い部分にも塗りやすく、効果が期待できるアイテムです。